よくあるご質問

治療について

矯正器具で目立たないものはありますか?
取り外しの出来るマウスピース型のものや、プラスチックやセラミックを使った目立たないブラケット装置があります。ただし、症例によっては使えるもの、使えないものがあります。
矯正歯科治療中に虫歯になったらどうしたらいいですか?
進行性の虫歯の場合はすぐに治療に行っていただきます。その場合、装置を一時的に外すなどの処置をいたします。
今、虫歯があるんですが、治してから矯正をしたほうがいいですか?
症例によります。歯並びを治してから、しっかりと治したほうがいい場合もありますのでご相談ください。
歯ブラシがうまく出来るか心配なんです。
ブラケット装置がついた時点でハミガキの練習を行ないますので大丈夫です。
歯を抜かないで治したいんですが。
誰でも歯を抜かないで治したいんです。ただ、抜かない治療で発生するデメリットもあるので、一番良い結果をもたらす治療方針を選択することが大切です。そのためにも納得するまでに担当医と話をするのが良いでしょう。
治療中は何を食べればいいですか?
基本的に慣れれば何でも食べれます。今までより少し小さくして食べれば大丈夫です。
治療が終わったらどうするんですか?
後戻り防止のため、保定装置(リテイナー)を使っていただきます。また定期検査として半年~1年に1回来院していただきます。

治療期間について

矯正歯科治療が終わるまで、どれくらいの期間がかかりますか?
歯を抜く治療、抜かない治療、成長を利用した治療などがありますので、症例によって様々です。平均するとおよそ2~3年程度だと思います。
1回の治療時間はどのくらいですか?
1回の処置は平均15~30分です。
どれくらいの頻度で来院すればいいですか?
基本的に1ヶ月に1回です。
治療はいつから始まりますか?
(1)初診相談 (2)資料採取 (3)診断 のステップの後、治療開始となります。実際に歯が動き出すのは治療開始から1ヶ月くらい後になります。
装置をつけたままスポーツや音楽は出来ますか?
スポーツは問題ないです。音楽は吹奏楽器が吹きづらくなる可能性はありますが、すぐに慣れると思います。

治療費について

矯正が終わるまで全部でいくらかかりますか?
治療費についてのページをご覧下さい。当院はトータルフィーシステムをとっております。毎回の処置料、装置装着料などは一切いただいておりません。最初に提示いたしました診療代以外は基本的に費用はかかりません。
治療が延びたら、お金かかりますか?
どうしても個人差があるため、予定よりも治療が延びてしまうことはあります。その場合も追加の費用などは一切いただいておりません。
毎回の治療はいくらかかりますか?
毎回の処置料はいただいておりません。手ぶらでいらしてください。
装置を作るたびにお金がかかるのですか?
装置代はいただいておりません。最初に提示した診療代にすべて含まれております。
保険で治療は出来ますか?
手術を伴うような矯正治療を除いては、日本では保険での矯正治療は認められておりません。自費での治療となります。
支払方法はどのようなものがありますか?
金利、手数料なしの分割払いやクレジットカードによるお支払いも行なっております。この場合は最長2年間でお支払いを完了していただいております。
クレジットカードは使えますか?
ほとんどのクレジットカードが使えます。お問い合わせください。
矯正治療以外でかかる費用はありますか?
歯を抜く場合の抜歯の費用、虫歯のある場合の治療費、歯ブラシ代などはかかる場合があります。
相談の費用はいくらですか?
初診相談は無料です。お気軽にご相談ください。
治療費は医療費控除の対象になりますか?
医療費控除の対象になります。詳しくはご相談ください。
転勤の可能性があるんですが。
前もって転勤の可能性がある場合はご相談ください。長期の分割払いによる対応や転勤先の矯正医の紹介、治療に関する資料の提示などを行ないます。

予約・診療時間について

土日しか休めないんですが。
当クリニックは土日も診療しております(第1,3日曜日除く)。
予約なしでも診てもらえますか?
大切な時間を無駄にしないため、基本的には予約制を取っております。予約なしでも時間があれば対応いたします。
待ち時間はありますか?
予約制ですので待ち時間はありませんが、まれに患者さんの治療内容によってはお待たせしてしまうことがあるかもしれません。その都度、ベストな処置を行なうためですので、ご了承ください。
予約のキャンセルはいつまでにすればいいですか?
キャンセルがわかった時点でご連絡ください。当日でもお電話を頂ければ結構です。
緊急の場合は診てもらえますか?
当院は矯正専門のクリニックですので矯正医が常駐しております。緊急の場合はすぐに対応いたします。

年齢について

何歳から治療を開始すればいいですか?
およそ小児期の準備矯正は8~9歳前後から、12歳くらいで永久歯が生えそろうと成人の矯正が適応になります。ただし症例によって開始時期は異なります。特に反対のかみ合わせの場合は早めの治療をお勧めいたします。
何歳まで治療は可能ですか?
何歳でも可能です。ただ歳を重ねると、歯や歯周組織が健康でない場合があります(歯槽膿漏や歯肉炎、歯周炎など)。その場合は、治療期間のより短い治療法や歯の移動距離の少ない治療法を選択したりと、治療の選択肢が狭められることはあります。

からだへの影響について

矯正歯科治療中に妊娠や出産しても大丈夫ですか?
矯正歯科治療自体は妊娠、出産に問題ありません。問題があるとすれば、矯正歯科治療開始時に行なう抜歯の際の抗生剤とレントゲン撮影です。レントゲンは妊娠安定期に入れば問題ありませんが、抜歯の際の抗生剤は避けたほうがいいと思います。
矯正中に虫歯になったら治して貰えますか?
当院では虫歯の治療は行なっておりません。かかりつけの歯科医院があればそちらで、無い場合はご紹介いたします。
器具がつくと喋りにくくなりませんか?
すぐに慣れると思います。人間の体はうまく出来ています。
矯正治療による痛みが心配です。
歯が動き始める2~3日、歯が浮いたように感じられます。これは1週間程度で治まります"痛み"というよりは"違和感"に近いです。小学3年生の女の子でも我慢できる程度です。
矯正装置で歯に傷はつかないんですか?
ほどんど傷はつきません。顕微鏡のレベル見ると、傷がつく場合もありますが、再石灰化の範囲内で、問題はありません。
レントゲンが心配なんですが。
歯科のレントゲンは強くありません。矯正歯科治療でもレントゲンは頻繁には取りません。また、当院は最新のデジタルレントゲンを導入しておりますので、従来のものの1/2以下の被曝量です。

その他のご質問について

どうして歯並びが悪くなったんでしょうか?
歯並びは色々な要因で決まってきます。環境や習癖、遺伝など。原因を一つに決めるのは難しいです。
指しゃぶりは歯並びに関係ありますか?
大いに関係あります。長い間、指しゃぶりをしていると、前歯が開いてしまったり、上顎が突出してしまったりします。
いつも口を開けているんですが。
歯は内側からは舌で、外側からは唇で押さえられてバランスを保っています。唇が開いていると、歯は外にいってしまうため、不正咬合になりがちです。
歯ぎしりをしますが矯正歯科治療は出来ますか?
治療には問題ありませんが、就寝時に強い力がかかるため、歯の動きは若干遅いかもしれません。また、矯正治療によって歯の位置や顎の位置が変化するため、自然に歯ぎしりが治ることもあります。
矯正と審美歯科、美容歯科は何が違うのですか?
矯正歯科は歯を動かしては並びを治します。審美歯科や美容歯科とは歯を削ったり、神経を取って歯にかぶせモノをして歯並びを治す治療をさします。どちらが良いかは。。。
歯並びは遺伝しますか?
歯並びそのものの遺伝よりは骨格の遺伝によって歯並びが似てくるということはあります。
わたしは美人になりますか?
口元が変わると、自分が思っている以上に印象が変わります。あとはあなたの努力次第です。