成人矯正:大人の矯正装置

  • 成人矯正のポイント
  • 大人の矯正装置
  • 親知らずはどうするの
  • 顎関節症

大人の矯正装置

大人の歯並び矯正歯科治療ではほとんどの場合、ブラケットという器具を歯に接着して歯を動かします。
基本的に月に1回の通院で、ワイヤーの調整、交換やゴムの交換などをいたします。
ワイヤーを少しずつ太くしていくことで、歯に無理な力をかけずに並べる事が出来ます。

大人の矯正歯科装置

大人の矯正歯科装置は大きく分けて、3つの装置からなります。

①バンド
奥歯にはめる装置です。使用しない場合もあります。
②ブラケット

歯に接着する器具の事です。
金属のものやセラミック、プラスティックのものなど様々な種類のものがあります。
③ワイヤー
形状記憶合金やステンレスのワイヤーがあります。

ナンスのホールディングアーチ、パラタルナンス

ナンスのホールディングアーチ、パラタルナンスナンスのホールディングアーチ、パラタルナンス

ブラケット装置と併用して使用します。
奥歯が前に移動しないようにするための装置です。

その他の矯正装置

クリアアライナー、インビザライン

クリアアライナー、インビザライン

ブラケットを使用しない矯正歯科治療の装置です。軽度の症例の治療に限られます。

リンガル矯正、舌側矯正

リンガル矯正、舌側矯正

ブラケットを全て歯の裏側に付けて、歯並び矯正をする方法です。見た目は良いですが、症例が限られます。
また、通常の見える矯正治療に比べて費用がかかります 。

各装置おおまかな特長

  見た目 異物感 治療期間 適応症例 費用
金属のブラケット
透明なブラケット
インビザライン
クリアアライナー
リンガル、舌側矯正

ブラケット装置はどんな歯並びにも対応できます。審美ブラケットもありますので、それほど目立ちません。
軽度の症例であればクリアアライナーで治療することも可能です。自分で取り外しが出来、見た目も良いです。ただ、ブラケット装置に比べると治療期間は長くなります。
見た目を最重要視するのならば舌側矯正なります。ただ、舌側矯正は舌感の悪さと費用がネックです。

このように各装置にはそれぞれメリット、デメリットがあります。
ご自身の歯並びの状態や治療の難易度、治療に際して何を重視するのかを考え、最適な装置を選択することが大切です。