小児矯正:子供の矯正装置

  • 小児矯正のポイント
  • 子供の矯正装置
  • 矯正治療の開始時期
  • 反対咬合の早期治療

子供の矯正装置

小児期の不正咬合のタイプは様々です。
主な装置をいくつか紹介いたしますが、これ以外にも装置の種類はたくさんあります。
その症例に適した装置を選択することが、ポイントになります。

また、小児期の歯並び矯正歯科治療には取り外しのできる装置を使用することが多いです。
取り外しのできる装置は、使用時間が短ければ効果はあらわれにくいです。
一生懸命使用することが、歯並びを治す一番の近道です。

拡大床、エキスパンジョンプレート

拡大床、エキスパンジョンプレート

小児期の歯並び矯正歯科治療で最も頻繁に使用される装置です。
歯列を左右に広げることで、将来の永久歯が生えるスペースを作る目的で使用します。

自分で取り外しが出来、お食事や歯磨き、運動、楽器演奏などの際には外します。

拡大床、シュワルツ

拡大床、シュワルツ

上記の拡大床の下顎に使用するタイプです。
上顎同様、将来の永久歯の萌出スペースの確保や前歯のデコボコの改善に使用します。
下顎は骨も堅いので、上顎の装置ほど頻繁に使用しません。

シャーミー

シャーミー

奥歯を後ろに動かす装置です。
奥歯を後ろに動かすことで永久歯の萌出スペースを確保する目的で使用します。
自分で取り外しが出来ます。

ナンスのホールディングアーチ

ナンスのホールディングアーチ

奥歯が前に動いてしまうのを防ぐ装置です。
つまり歯を動かす装置ではなく、歯を動かさないようにする為の装置です。
自分で取り外しは出来ません。

パラタルナンス

パラタルナンス

上記のナンスのホールディングアーチの強化版です。
やはり自分での取り外しはできません。

インビザライン、クリアアライナー

インビザライン、クリアアライナー

マウスピースを使用した矯正治療に使用されるものです。
治療できる症例に制限があります。

ツインブロック

ツインブロック

上顎と下顎の両方に装置を入れます。
この装置は下顎の成長を促進したい場合に使用します。

自分で取り外しが出来ます。

ビムラー

ビムラー

反対の咬み合わせを改善させる装置です。
上の前歯を外に、下の前歯を内側に入れる効果があります。

ムーシールド

ムーシールド

反対の咬み合わせの改善に使用します小さい子供にも使用できる装置です。